臨床心理士になるためには|心理カウンセラーの資格を取れば悩める人の心を救える

心理カウンセラーの資格を取れば悩める人の心を救える

婦人

臨床心理士になるためには

レディ

指定された大学院とは

心理学の中でも一番レベルの高い資格といわれているのが、臨床心理士です。臨床心理士は指定の大学院で必要単位を取得し、修了してからやっと受験資格を得られ、そこで合格できれば臨床心理士として活動することができます。しかし活動することができるようになれたとしても、5年に1度更新制度があるので、そのたびに試験を受けなければなりません。指定されている大学院には第一種と第二種があります。将来臨床心理士になるために心理学を学ぶのであれば、進学するための大学院はできるだけ第一種指定校に進むほうが受験資格を得るのに時間を短縮させることができます。その理由は、第一種指定校に進学することができれば、修了後すぐに受験資格を得ることができます。

人の心のプロ

もし第二種指定校に進学すれば、大学院修了後1年間の心理臨床実務経験を要されます。実務経験がなければ受験資格を得られないため、大学院を出た後はさらに1年間実務経験からの勉強が必要となるのです。臨床心理士はそれだけ心理学の優れた専門家となる証でもあるので、しっかりとしたプログラムに取り組んで大学院では研究しながら勉強していくのです。心理学を学ぶためには人の心に寄り添うことができる精神力も必要となり、意外と心理学の勉強を机上でするだけでできるものではありません。実務も経験してやっとわかっていくことが多く、人の心を積極的に理解する心意気を必要とする学問となっています。その資格を取ることができれば心理学のプロとして信頼されるようになります。